みんなで作る、繋ぐ、坂本龍馬のポータルサイト「龍馬街道」です。NHK龍馬伝、龍馬イベント、龍馬関連書籍や、龍馬動画の紹介も。
龍馬街道トップ龍馬街道トピックス福岡市内にある「高杉晋作が潜伏した家」

龍馬街道トピックス

ちょっと遅くなりましたが、6日に「高杉晋作が潜伏した家」に行って来たので、簡単にレポートです。

福岡って、幕末の歴史にはほとんど出てこないので特に何もないんだと思ってましたが
実は、福岡市の中心部から少し外れた所に「高杉晋作が潜伏した家」があることを知り、さっそく行ってみました。


高杉晋作が潜伏した家・平尾山荘

福岡の女流歌人・野村望東尼の閑居地で、多くの勤王の志士たちが密会を重ねた「平尾山荘」。

ここに高杉がやってきたのは、1864年11月のこと。
長州藩の俗論派から命を狙われ、10日間余り潜伏しました。


e585a5e3828ae58fa3
e381aae381aae38281
e8a38f

現在は公園となり、再建された草庵があります。
中に入ることもできるようですが、この日は外から眺めただけ。

野村望東尼と高杉晋作

※野村望東尼(Wikipediaから抜粋)
幕末の女流歌人・勤王家。福岡藩士・浦野重右衛門勝幸の娘。
文政12年(1829年)、福岡藩士・野村新三郎清貫と結婚。
安政6年(1859年)、夫が亡くなり、剃髪して受戒。その後、福岡の南側の山村(現・福岡市中央区平尾)にあった自分の山荘に勤皇の士を度々かくまったり、密会の場所を提供したりする。彼女に便宜を図って貰った中には、勤王僧・月照、長州藩士・高杉晋作、熊本藩士・入江八千兵衛、対馬藩士・平田大江、福岡藩士・平野国臣、中村円太、月形洗蔵、早川養敬などがいる。

高杉が去った後、望東尼は志士をかくまった罪で佐幕派に捕らえられ姫島に流されますが、のちに高杉の命で救い出され、余生を下関や三田尻(現在の長府)で過ごします。

高杉の最期を看取り、辞世の句「面白きこともなき世を面白く」に続く下の句、「すみなすものは心なりけり」を詠んだのも望東尼とか。

亡くなった11月6日には毎年慰霊祭が行われており、この日がちょうど当日。
ただ、あいにく午前中に雨がぱらついていたので、胸像はテントの中にありました。

e5838f e58699e79c9f



今まで全然知りませんでしたが、調べてみると、高杉との関わりが深い「野村望東尼」と、通りに名がついているほどの「平尾山荘」。

あまり知られていない、福岡の幕末スポットでした。

関連記事

add to hatena hatena.comment (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 0

ÅI_—´”n”N‰êƒpƒbƒP[ƒW_“üeol

今年は、2011年11月13日に開館20周年を記念して高知県立坂本龍馬記念館前に登場する「シェイクハンド龍馬像」(当日初公開)が年賀状になって登場します。

「シェイクハンドぜよ!」この言葉には、「志」を果たすため龍馬が持ち続けた「絆」への思いがこめられています。今回の年賀状のテーマは「絆」。その思いを年賀状にしたため龍馬に、そして大切な人に届けてください。また、昨年多くの皆さまから要望のあった「手書きメッセージを書けるように」との声にもお応えしてリニューアル。
また、売り上げの一部は東日本大震災復興のため寄付させていただく予定です。



2009年から開始した「龍馬へ届く年賀状」の第3弾!
昨年は10年後の未来を龍馬に誓い、タイムカプセルに封印する
企画に申込みが殺到。完売となりました。
購入いただいた皆さま、本当にありがとうございました!!


そこで、昨年即完売した「龍馬に誓う年賀状」をさらにグレードアップさせ
「龍馬へ届く年賀状」~絆・今こそ世界がシェイクハンドぜよ~を発売いたします。

※郵送での返信などはございませんのでご注意ください。
※坂本龍馬記念館に取りに来て頂いた方にご返却いたします。



龍馬年賀状とは

pake_ura


■2012龍馬年賀状(5枚)

坂本龍馬の写真やシェイクハンド龍馬像、さらに3Dシェイクハンド龍馬像など5種類を制作しました。
はがきはすべて官製のため切手不要です。年賀状で龍馬が取り持つシェイクハンド!



龍馬年賀状(5種)
龍馬立像写真。龍馬定番の写真です。
龍馬立像写真(小)。ご希望にお応えし手書きメッセージを書くスペースを多く設けました。
シェイクハンド龍馬像。11月13日に坂本龍馬記念館前に設置予定の銅像です。
シェイクハンド龍馬像(小)。ご希望にお応えし手書きメッセージを書くスペースを多く設けました。
3D「シェイクハンド龍馬像」。あなたも龍馬とのシェイクハンドに挑戦してみてください。


a_omotea_2
※デザインが変更される場合がございます。
a_1a_4
a_3a_5


■「龍馬へ届く年賀状」~「絆」への思いを龍馬に託してください~(1枚)

龍馬へ、家族へ、そして未来へ、「絆」を確かめるためのメッセージを書いて龍馬あてに送ってください。
2011年12月25日までに投函すると、2012年1月1日に、高知市桂浜の坂本龍馬像に配達されます。
当日は、坂本龍馬記念館の森健志郎館長らが出席し配達式を行います。
裏面のメッセージは龍馬街道ホームページにて公開予定。届いた年賀状は、もちろん坂本龍馬記念館記念内に設置されたタイムカプセル「時の階段」に封印され10年後開封されます。
(開封後、坂本龍馬記念館に取りに来ていただける場合は返却可)
b_omote2b_ura1

※デザインが変更される場合がございます。

大きな地図で見る


購入方法

※発送は11月15日(龍馬の誕生日・命日)以降に発送開始します!
※店頭販売を除き、商品代金の他に郵便料金、代引料、送金手数料をご負担いただきます。

○インターネット申込
龍馬街道HP(高知県立坂本龍馬記念館HPにもリンク有り)申込受付画面からお申込みください。
発送方法は代金引換・普通郵便・レターパック500よりお選びいただけます。

○電話申込
龍馬年賀状受付専用電話にて受付します。(受付代行:龍馬年賀状事務局)
電話受付の場合は代金引換限定となります。
専用受付番号:088-822-7889(龍馬年賀状受付特設電話 平日9:00~18:00)
※予定のセット数になり次第、受付終了とさせていただきます。

○FAX申込
龍馬年賀状受付専用特設FAXにて受付します。(受付代行:龍馬年賀状事務局)
専用受付FAX:088-822-7907(龍馬年賀状受付特設FAX 平日9:00~18:00)

以下の内容をFAXにて送信ください。
・住所
・お名前
・電話番号
・FAX番号(必須)
・申込セット数
・お支払い代金
※折り返し、申込用紙をFAXで送信いたしますので必須事項を記入し再度、送信いただきます。
申込用紙を再送信いただいた時点で受付とさせていただきます。

○店頭販売
※11月13日より高知坂本龍馬記念館にて、現金で販売いたします 


お支払方法・送料


○代引き
※送料、代引料、送金手数料はお客様の負担となります。
※代金引換(郵便)での発送となります。受取時に代金をお支払いください。


○普通郵便・レターパック500
※普通郵便・レターパック500での発送は代金前払いとなります。
※送料、払込手数料はお客様の負担となります。
※1週間以内に商品代金+郵便料金を郵便局の窓口から払込をお願い致します。
(別途、窓口で払込手数料が必要です。)
※発送は普通郵便または、レターパック500となります。

【払込み方法】
郵便局窓口に備え付けの払込取扱票に以下の内容をご記入ください。

・口座記号番号:01700-4-69539
・加入者名:龍馬街道実行委員会
・金額:商品代金+送料の合計(受付確認メールに記載しています。)
・住所
・氏名
・電話番号
・申込セット数


代引き購入フォーム

※携帯電話のアドレスでお申し込みの方はパソコンからの
メール受信ができるように迷惑メール拒否の解除をお願いいたします。
尚、パソコンからのお申し込みを推奨いたします。


お申込みセット数
1セットとは、龍馬年賀状×5枚と龍馬への年賀状×1枚の計6枚です。

お名前 (必須)
例:坂本龍馬

メールアドレス (必須)
例:nengajo@ryomakaido.com

郵便番号 (必須)
例:781-0262

都道府県 (必須)
例:高知県

住所 (必須)
例:高知市浦戸城山830番地

電話番号 (必須)
例:090-1234-5678

年齢 (必須)

コメント

※確認画面はございませんので、入力内容をよくご確認の上、送信ボタンを押してください。
※送信が成功すると、お客様の入力したメールアドレスに、申込控えメールが届きます。



普通郵便・レターパック500購入フォーム

※携帯電話のアドレスでお申し込みの方はパソコンからの
メール受信ができるように迷惑メール拒否の解除をお願いいたします。
尚、パソコンからのお申し込みを推奨いたします。


お申込みセット数
1セットとは、龍馬年賀状×5枚と龍馬への年賀状×1枚の計6枚です。

お名前 (必須)
例:坂本龍馬

メールアドレス (必須)
例:nengajo@ryomakaido.com

郵便番号 (必須)
例:781-0262

都道府県(必須)
例:高知県

住所 (必須)
例:高知市浦戸城山830番地

電話番号 (必須)
例:090-1234-5678

年齢 (必須)

コメント

※確認画面はございませんので、入力内容をよくご確認の上、送信ボタンを押してください。
※送信が成功すると、お客様の入力したメールアドレスに、申込控えメールが届きます。

関連記事

add to hatena hatena.comment (2) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (1) Total: 3

毎年、龍馬の命日11月15日に京都霊山護国神社で斎行される「龍馬祭」。その奉納余興としてはじまった「龍馬よさこい」が今年も開催されます。
コンセプトは「つなぐ、伝える」。
現代を生きる若者たちのみなぎる力を在天の龍馬へ。
そして、今年は震災復興への願いも込めて。

yosakoi_a4_ol

龍馬が暗殺された「近江屋」のある四条河原町でオープニングパレード、大政奉還のなされた元離宮二条城で演舞披露!


概要

日程: 平成23年11月12(土) 13日(日) *荒天中止
 
会場: 11/12(土)
12:00~12:30 龍馬よさこい11オープニングパレード「I love you & I need you ふくしま」四条河原町
13:30~15:30 元離宮二条城(世界遺産)    
14:00~19:00 京都三条会商店街

11/13(日)
10:00~16:00  京都霊山護国神社
11:00~16:00 円山公園音楽堂
15:00~20:00 JR京都駅ビル駅前広場特設会場(フィナーレ)  

東日本大震災復興支援ソング: 「I love you & I need you ふくしま」猪苗代湖ズ
猪苗代湖ズHP  http://www.inawashirokos.jp/
※開催会場で東日本復興支援のお願いを致します

ゲスト演舞: ほにや(よさこい発祥の地・高知県のチーム)
ほにやHP  http://www.honiya.com/
11月13日(日)午前10時 京都霊山護国神社会場にて奉納演舞
 
主催: 霊山社中・龍馬よさこい11実行委員会
龍馬よさこい公式HP: http://ryomayosakoi.web.fc2.com/
龍馬よさこいtwitter: @ryomayosakoi
お問い合せ先: 龍馬よさこい11実行委員会  mail:ryomayosakoi11@yahoo.co.jp

関連記事

add to hatena hatena.comment (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 0

post-25

Why Ryoma Now? なぜ、今、龍馬なのか。


このシンプルな問いかけ。昨年は龍馬ブームで、日本人一人ひとりが自分の心に問いかけた。
そして今年3.11の東日本大震災。日本への、世界への、人類への激震醒めやらぬ中、龍馬の夢見た自由と平等の国アメリカから世界に向けて問いかけたいと思います。龍馬・海舟・万次郎の子孫と、龍馬に関するエッセイで選抜された高校生2名がどんな情報を発信できるのか。
龍馬街道もWhy RYOMA Now? の答えを見つけるべく、ハワイ・NYでの計4回のフォーラムに同行!海外は3回目、私、英語も全く話せないのですが、和英通韻伊呂波便覧を握りしめ?(笑)現地より、レポートいたします!

10月14日は、現地の環境が整えばUstreamを行うかも!?
お楽しみに!!




<10月14日追記>

Ustream&記録ビデオ

※編集できた所から載せていきます!

【ハワイ】2011年10月11日(火)

プナホウスクール(特別授業)
ー準備中ー

ハワイコンベンションセンター(ハワイフォーラム)
ー準備中ー


【ニューヨーク】2011年10月14日(金)

■ジャパンソサエティ(ニューヨークフォーラム)
[高画質で再生]

Why Ryoma Now? ニューヨーク・ジャパンソサエティ




■ジャネット会館(特別シンポジウム)
[高画質で再生]

【全編日本語】Why Ryoma Now? ニューヨーク・ジャネット会館

現地でビデオケーブルが調達出来ずUSBの小さなカメラでの配信になってしまったり、途中通信が途切れたりして2つに分かれたり、また「いちむじん」さんのギターの音声がうまく拾えなかったりした部分があります。ご容赦ください。m<_ _>m



No.1 Why RYOMA Now? @ ハワイ プナホウスクール

img_3938
写真は、一番右奥から、辻真由子さん(土佐高校2年)、現地高校生、手前右から、北代淳二さん(ジョン万次郎研究家)、髙山みな子さん(勝海舟玄孫)、坂本登さん(郷士坂本家9代目)、大石すみれさん(高知県立嶺北高校2年)、宜保然樹さん(土佐高校2年)。そして左の二人のグランマは、ジョン万次郎ゆかりのお医者さんのご子孫。


現地時間2011年10月14日午前9時30分からハワイのオバマ大統領の出身校プナホウスクール(小中高一貫教育校)にて、今回最初のフォーラムがスタート。高校生達は日本語を学んでいるクラスが参加しているので、敢えて英語ではなく、日本語を英語通訳する形で行われました。事前に龍馬や日本の歴史について勉強してきているので手は抜けません。高校生に、「アメリカに取っての龍馬ってだれ?」って聞いてみると、事前の勉強会でも友達とその話になったそうで「龍馬はサムライなのに刀を使わない不思議な人。アメリカには居ないタイプの人。」だと言っていました。
僕は日本語しか話せないのですが、学校内を見学していると、小学生も中学生も高校生もみんな日本語で「コンニチハ!」と話しかけてくれてホッとしました〜。幕末当時のハワイに日本語が話せる人がいたとは思えないけど、「アロハー!」と陽気に迎えられ万次郎も安心できたに違いありません。
詳しくは、近々ビデオを掲載しますのでぜひそちらをご覧くださいませ。

まずまずの手応えと、午後、ハワイのメインイベント「ハワイコンベンションセンター」へ。
反省点は、いちむじんさんの紹介の方法。もっと龍馬伝との繋がりをうまく表現すること。

dsc00408dsc00398dsc00407
左から、坂本登さん(郷士坂本家9代目)、髙山みな子さん(勝海舟玄孫)、
北代淳二さん(ジョン万次郎研究家)
dsc00426dsc00430dsc00448
左から、大石すみれさん(高知県立嶺北高校2年)、宜保然樹さん(土佐高校2年)、
辻真由子さん(土佐高校2年)(左)。
dsc00375p1060177img_3924img_3936img_3942img_3944img_3947



No.2 Why RYOMA Now? @ ハワイ コンベンションセンター

img_3976
壇上で挨拶する森健志郎 坂本龍馬記念館館長と、通訳の浜田沙織さん。館長がやたらかっこよく見えます(笑)


imgresハワイコンベンションセンターは、APEC首脳会議も行われたとても大きい建物で一瞬「ここでやるの??」と戸惑いましたが、この中の一つの部屋だと聞いて一安心。それにしても300人も入るホールで、ちゃんと人が集まるのか心配でした。しかし始まってみると満員御礼。ホノルル日本国総領事館総領事も来られてなんか、すごいイベントになっちゃってます。

前半は、
img_3982龍馬の英語紙芝居。龍馬、海舟、万次郎の子孫たちと龍馬エッセイで選抜された高校生たちのディスカッション。総領事が英語で挨拶すると聞いていたのですが、急遽日本語でスピーチされ、(しかもかなりお固い日本語で)通訳の浜田さんがたじろぐ場面もありましたが、浜田さんは持ち前のパワーで聞き返し、切り抜けてくれました。びっくりしたのが、奥さんが日本人の米兵の方からの質問で、(本当はものすごく詳しい背景まで説明していたけど要約すると)「暗殺説には色々あるけど記念館の見解を教えて下さい」というもの。質問が終わると、会場からは拍手が沸き起こりました。坂本龍馬記念館主任学芸員の前田さんも「分からないのが、龍馬を魅力的にしている原因でもあるんです(笑)」とタジタジ。ハワイの人たちにも「自由と平等」という志を平和的に成し遂げた龍馬の精神と、そしてその精神がいま世界で求められていることが、伝わったのではないかと思います。

後半は、
img_3983龍馬伝第一部の「龍馬伝紀行」エンディングテーマ曲を弾いた高知の誇るギターデュオ「いちむじん」やローマ法王の前でも演奏したことのある西村直記さんのライブ。そして、書道家の藤田紅子さん竹内土佐郎さんによる書道パフォーマンスなどで盛り上がりました。書道パフォーマンスで書かれた作品は、持って帰れるということもあって最後まで、人だかりができていました。

反省点は、テロップの表示。英語で話しているときに英語のテロップがでたので、なぞっている感じでライブ感が損なわれた。後で聞いてみると、日本人の英語は聞き取りにくいことから、先方からの要望であるとのこと。ニューヨークへの飛行機の中で龍馬記念館の森館長と話した結果、重要な場所に色を付けることでテロップではなく要約であることを強調することに。

img_3804img_3822img_3828img_3839img_3845img_3847img_3848img_4029img_4039



No.3 Why RYOMA Now? @ NYジャパン・ソサエティー

img_4114
そして一行は、ニューヨークのど真ん中。
国連本部のすぐ近くにある、ジャパン・ソサエティーへ。
ここでは、初めてのUstream配信(ハワイは急遽撮影NGになったり、生中継はNGなど色々制約がありUstreamできませんでした)もあり龍馬街道スタッフも緊張。日本でどこでも売っているビデオケーブルがNYに無いなどトラブルもありヒヤヒヤしながらの中継でした。
これまでと違い、参加者とのディスカッションが展開された。ロバート・フィッシュさんがファシリテーターとして高校生に質問を投げかけていく。また現地の高校生からの質問も「今、龍馬が生きていたら日本はどうなっていたと思いますか?」など厳しい質問ばかり(笑)。日本の女子高生、宜保さんからも「歴史を動かしているものはなんだと思いますか?」などディスカッション/ディベートに慣れているアメリカの高校生も思わず天を仰ぐ質問に、会場はドキドキ・ハラハラ。土佐高校2年生の辻さんの通訳も見事なもので、あとで聞いたところによるとジャパン・ソサエティーの方にも「あなたは本当のバイリンガルですね」と褒められたとか。
高校生一人ひとりが、(大人のいろんな思惑の中)戸惑いながらも目の前で成長していく姿は、言葉では表せない眩しさがありました。
ここでもニューヨーク総領事を始め、250人近い学生や関係者が詰めかけ、龍馬を通して「リーダーとはなにか」を考えさせるフォーラムとなりました

img_4108img_4118img_4120



No.4 Why RYOMA Now? @ ニューヨーク JaNET会館

img_4172
現地時間10月14日19:00。いよいよ最後のフォーラムがジャネット会館。
Janetは、アメリカンドリーム・ジャパニーズ・ネットワーク。テロをきっかけに、頑張る人を応援したい、NY日系コミュニティーの繁栄に貢献したいとの思いを込め発足した団体で現在5500名が参加。Janet会館は今年の9月にオープンしたばかりの会場だ。今回は130名程も集まってくれたそう。みんなアメリカン・ドリームを夢見て日本から渡ってきた「脱藩者」ばかり(笑)。日本を変えるために脱藩し、アメリカの自由と平等を夢見た龍馬に少なからず親近感を持っている人たち。
ここが最後のフォーラム。さらに全編日本語で発言できることもあり、登壇者もみんな気合十分でスタートしました。
詳細は、上のUstreamをご覧いただくとして、アメリカのコインの全てに書かれていて911のオバマ大統領のスピーチでも使われた、「E.PLURIBUS.UNUM」(多数から作る一つ)のメッセージ。これこそジョン万次郎が日本に持ち込んだ民主主義の根幹であり龍馬が目指したもの。「ニューヨークでの日本人同士が、もちろん日本人全体が、さらに世界中の人々が、自由と平等を享受できる世の中にせんといかんぜよ!」そんな龍馬の声が聞こえてくるようなフォーラムでした。
この他にも、書道パフォーマンスや龍馬達をイメージした帽子の展示、いちむじんさんの演奏など、書ききれてないことがたくさんあります。また、写真を取りきれていない方がおり、キレイな写真が手に入り次第追加していきますので、私の写真が無いよー!という方、ヨシトミまでメールください。


反省点は、日本語で自由に喋れるので、話が取っ散らかったことと、勢い余って?少々不謹慎な発言も(汗)

img_4173img_4177

img_4043img_4046img_4051img_4058img_4414img_4444img_4442



次の夢は、これだ!

img_4400
NY最後の日の夕食の会場で、ビッグプロジェクトが動き出した。
それが

ニューヨーク坂本龍馬記念館!

龍馬の精神を世界に発信するならやはり、ここニューヨークからではないか。
くしくも、僕も今年5月に坂本龍馬記念館の20周年のしおりで発言した際に、龍馬記念館が自由と平等を世界へ発信するアンテナになってほしいと発言した。もしかしたら、その一つの形がニューヨーク坂本龍馬記念館なのかもしれない。
今回のツアーに参加した全員が、その場で作った設立同意書に署名。
3年計画。実現にはたくさんのハードルがある。
しかし、龍馬がそうであるように、
夢を語ることから全ては始まるのだ!


龍馬街道がどれだけそれにかかわれるか。
ぜひ楽しみにしていただきたい。


■坂本龍馬記念館と、今回のフォーラム会場Map

より大きな地図で Why Ryoma Now? 坂本龍馬記念館 アメリカフォーラム を表示


■取材後記

参加したみなさま、会場に来てくださった皆さま、Ustreamで見てくださったみなさま、ハワイ&ニューヨークでお世話になったみなさま本当にお疲れ様でした。準備段階での苦悩を知っているだけに、今回のフォーラムの成功は感慨深いです。そして坂本龍馬記念館の西本有里さん、裏方お疲れ様でした!裏MVPは、間違いなく西本さんです。そしてここに書き切れない反省点も多くみつかりました。今後に活かすためぼちぼち整理していきたいと思います。

Why Ryoma Now?
龍馬が目指した、「自由・平等・平和」。それは今でも目指すべきもの。
最初、僕は、今回の龍馬アメリカフォーラムと東日本大震災は直接的な繋がりは見いだせませんでした。そんな中、フォーラムを終えてたどり着いた僕なりの答えとは何だったか。それは、「龍馬も黒船来航という大きな国難から走り始めた」ということ。だからこそ震災という未曾有の国難を受け、時代も政治も経済も揺るぎ始めた「今」が、僕らが走り始めるキッカケになるということ。「なぜ 今 龍馬なのか」それは、「何が理想・目標なのかを一人ひとりが考えて、走り始めるタイミングなのではないか。その一人ひとりの力が集まって、世界がちょっとでも良い方向に向けば、それが龍馬の目指すものではないか」と思うのです。

今回嬉しかったのは、龍馬街道が作った「We ♥ RYOMA」バッジが、ツアーの公式バッジになっていたこと。参加者みんながつけていてくれたこと。そしてなによりいろんな人と仲間になれたこと。反省点は、自費で参加させていただいたのですが、自分の仕事の関係で事前の準備ができなかったこと、リアルタイムに発信ができなかったこと、SNSでつぶやきにくい状況になってしまったこと、企画に主体的に関われなかったこと。次の企画は、しっかり準備するぞーーー!それから、会社の仕事を10日間もほっぽり出してしまいました。ご迷惑おかけした皆さま本当にすみませんでした。アメリカで一皮向けた(笑)ヨシトミに、ご期待ください!




関連記事

add to hatena hatena.comment (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 0

ネットで書いたいろんなものが取り立たされて、問題になっちゃう今日この頃。
でも、この場だからこそ書きたい。



「挙党一致」って、薩長同盟みたいと思ったけど、
いや、もっと小さなことだと思いなおす。

藩と藩の結びつきレベルの話じゃない。
藩(党)の中で、仲間割れしてるだけだ。

土佐藩で、上士と下士がいがみ合っていたように。

薩長同盟も望めないようだ。
諸藩(野党)は、足を引っ張る準備を進めている。


幕末と似た部分の多い現代。
皆はしきりに、維新を!と声をあげる。
でも、現代は幕末より悪い状況にあるのではないか?

幕末なら、藩の方針、藩の違いが人々に大きな影響を持っていた。
藩が繁栄すれば、幸せだったのかもしれない。

でも、今は違うんじゃないだろうか。

細かい方針は違えど、日本という国にある1組織に過ぎない藩(党)に、
さらにはその中の小さな小さな派閥に、こだわっている状況だろうか?

日本人は、まだ日本という国より藩(党)が大事なのだろうか?
立場に関係なく、日本のことを第一に考えられる
龍馬は、もういないのだろうか?



今回の代表選が、日本のことを考えた末の結果となりますように。



関連記事

add to hatena hatena.comment (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 0

今日の龍馬

これまでの龍馬街道

-月別アーカイブ

-最近のコメント

龍馬街道のTwitter始めました。 龍馬検定、合格への道!