みんなで作る、繋ぐ、坂本龍馬のポータルサイト「龍馬街道」です。NHK龍馬伝、龍馬イベント、龍馬関連書籍や、龍馬動画の紹介も。
龍馬街道トップ龍馬街道トピックス肉声が聴ける!義妹が語る「西郷さん」って?

龍馬街道トピックス

「西郷さんの義妹の肉声が残っている施設があるんです」

と、たまたま聞いていたラジオ番組で聞きつけ
それは、行かないわけにはいかないでしょう!!
ということで、さっそく西郷隆盛の故郷・薩摩こと鹿児島に行ってきました!


鹿児島の歴史と偉人を紹介・維新ふるさと館

西郷隆盛の義妹・岩山トクさんの肉声が残るのは、鹿児島市加治屋町にある「維新ふるさと館」。

img_2310

ここは幕末から明治維新に活躍した西郷隆盛や大久保利通、天璋院篤姫など、鹿児島の歴史や先人たちの偉業など紹介している施設。
行く前に調べたところ、観覧の所要時間は1時間程度。
・・・となっていたのですが、
ホールでドラマが2本上映されている上、展示も2~3分かかるジオラマ式が多数。
内容盛りだくさんで、すべて観るには1時間じゃ足りなそう!


ということで、今回は目的である
義妹の肉声が聴けるコーナーだけを紹介します。

西郷さんのプライベート流出!?

もっと大々的に紹介してあるかと思いきや、隅にひっそり、でも確かに、肉声を聴けるコーナーがありました。

img_2303

ボタンを押すと、当時の鹿児島市長と義妹・岩山トクさんの対話を聞くことができます。
(昭和27年6月、トクさん95歳の時)

img_2294

1.愛妻家西郷さん
2.西郷さんの余暇
3.にぎやかな西郷家
4.西郷さんの癖
5.西郷さんの味噌づくり


どれも、歴史には載っていない家庭人としての西郷さんエピソード。
それだけでも貴重なテープですが、音声として聞くことのできる最古の鹿児島弁かもしれないということもあり、これは一聞の価値あり!です。


img_2299

この方が岩山トクさん。
西郷隆盛の妻の弟の妻で、西郷隆盛にとっては義妹にあたります。


西郷さんの生誕地・銅像

維新ふるさと館を出て少し歩くと、西郷隆盛生誕の地があります。
木に囲まれたちょっとした広場という感じです。
城山から遠いこの地に、大家族で住んでいた西郷さん。貧しい下級武士だったことがわかります。

img_2315

「鹿児島の史跡は戦争ですべて消失してしまい、どこも石碑しか残っていない」
と、観光ボランティアの方が教えてくれました。

img_2320

また、観光バスで西郷隆盛の銅像も見てきました。
桂浜の龍馬像に張る(?)大きさの西郷隆盛像。


明治維新に尽力するも、新政府を去り
最期は周りの期待に応えて挙兵、戦死した西郷隆盛。

そんな西郷さんも、家では穏やかな生活を好む
1人の日本人だったのだなぁと感じる旅でした。




■維新ふるさと館
〒892-0846 鹿児島市加治屋町23番1号
TEL.099-239-7700 FAX.099-239-7800
http://www.ishinfurusatokan.info/
交通アクセス:
JR鹿児島中央駅から徒歩10分
カゴシマシティビュー「維新ふるさと館前」下車すぐ
市電「高見橋」下車、徒歩5分
開館時間:
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで) 年中無休
入館料:
大人(高校生以上)300円 小人(小・中学生)150円

■西郷隆盛誕生地の碑
http://www.city.kagoshima.lg.jp/_1010/kanko/database/category/shiseki/area_central/kajiya/_34873.html

■西郷隆盛銅像
鹿児島市城山町4-36 (旧鹿児島市北部)
交通アクセス:
市電「朝日通」・バス「金生町」下車、徒歩8分 カゴシマシティビュー「西郷銅像前」下車すぐ
http://www.city.kagoshima.lg.jp/_1010/kanko/database/category/rekishi/history/_28019.html




関連記事

add to hatena hatena.comment (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 0

高知では、昨日からよさこいが始まっています。
ほかにもイベントが目白押し!
これから高知を訪れる予定の方、夏休みまだどこにも行ってない!という方、
龍馬のふるさと・高知へ足を運んでみてはいかがでしょう!?

現在開催中!急げ!!

第58回よさこい祭り

http://www.yosakoi.com/jp/58thYosakoi.html
page-0008
今年は東日本大震災復興支援スローガン「広げよう!元気の輪!」を合言葉に、市内9カ所の競技場と8カ所の演舞場が“よさこい一色”に染め上がり、その壮大なスケールは見る者に感動を与えます。

スケジュール:
▼8月9日(火)中央公園
 17:00~17:45  祈願祭・記念式典
 18:30~22:00  よさこい祭り前夜祭
 19:30~21:00  第61回高知市納涼花火大会 (高知市柳原鏡川河畔、みどりの広場)
▼8月10日(水)~ 8月11日(木)
 よさこい祭り本番 高知市内各競演場、演舞場(各会場により時間は異なります)
 11:00~22:00  帯屋町アーケード
 11:30~22:00  中央公園
 12:30~21:30  旭、上町、升形、万々、愛宕、菜園場、知寄町、梅ノ辻、京町、はりまや橋、秦、高知城、高知駅前の各競演場・演舞場
 13:30~17:30  本部追手筋競演場 (昼の部) 
 18:00~21:45  本部追手筋競演場(夜の部)
 19:00~22:00  (11日のみ)柳町[地元チーム限定]
▼8月12日(金)
 よさこい全国大会(高知城・追手筋・帯屋町・中央公園)
 12:45~  全国大会開会式(高知城)
 13:30~21:30  2011年全国大会(高知城・追手筋・帯屋町・中央公園)
 よさこい祭り後夜祭 (中央公園特設ステージ) 
 18:30~19:00  受賞チーム表彰式
 19:00~22:00  後夜祭

こちらも現在開催中!の龍馬関連イベント・キャンペーン

志国高知 龍馬ふるさと博

http://ryoma-furusato.jp/
page-0010
開催期間:2011年3月5日(土)~2012年3月31日(土)
夏休み期間中のイベントは、カレンダーをご参照下さい。
http://www.ryoma-furusato.jp/calendar/

南国ICわくわくゾーン スタンプラリー

http://www.attaka.or.jp/pickup/p0431.html
page-0009
6ヶ所の観光施設に入場し、専用スタンプをハガキ裏面の枠内に一ヶ所ずつ押印し(最低2コ以上)応募すると豪華な賞品が当たるスタンプラリー!

開催場所:
(1)高知県立歴史民俗資料館(高知県南国市岡豊町八幡1099-1)
(2)香美市立やなせたかし記念館(高知県香美市香北町美良布1224-2)
(3)西島園芸団地(高知県南国市廿枝600)
(4)龍河洞(高知県香美市土佐山田町逆川1424)
(5)龍馬歴史館(高知県香南市野市町大谷928-1)
(6)高知県立のいち動物公園(高知県香南市野市町大谷738)

開催日時:
2011年7月16日(土)~2011年11月23日(水・祝) 
問い合せ先:(財)アンパンマンミュージアム振興財団南国ICわくわくゾーン
 スタンプラリー協議会事務局
 TEL:0887-59-2300

~龍馬を育んだ土佐の自然と歴史を満喫~
『高知・四万十・足摺キャンペーン』

http://www.jr-odekake.net/navi/kouchi_cp/
page-0012
大人から子供まで、南国高知を存分に堪能でき、思い出に残る夏の旅キャンペーン!

キャンペーン期間:平成23年7月1日(金)~9月30日(金)
実施主体:高知県、JR四国、JR西日本
キャンペーン期間中の主なイベント:
http://www.westjr.co.jp/ICSFiles/afieldfile/2011/05/26/20110526_cp.pdf


龍馬だけじゃない!高知のイベント!!

第8回 仁淀川国際水切り大会

http://inofan.jp/cgi-bin/information.cgi?info=01
page-0011
河原の石を川面に投げて、水の上を跳ねさせる「水切り」
大会では、男性・助成・子どもの計3部門で、美しさ・飛距離・回数の総合評価で順位を競います!

日時:
2011年8月28日(日)11:00~
会場:高知県いの町鹿敷・土佐和紙工芸村くらうど前河原
受付開始:午前10時
競技時間:11時~16時30分ころ
参加費:大人300円・中学生以下200円
 ※川が荒れている場合は中止(前日21時にHPで発表)
申込〆切:8月21日
申込方法:仁淀川お宝探偵団のHP(http://niyodoriver.com/?p=27 )から申し込むか、
     チラシ裏面の選手登録シートをFAX
主催:NPO法人 仁淀川お宝探偵団
   高知県吾川郡いの町八田1467 電話:090-4973-0601(城下)

高知県立美術館

http://kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/
page-0001
【シャガール展】
 マルク・シャガール展「そして地上には・・」 7月20日(水)~9月19日(月・祝)
【コレクション展】
 美術館のなつやすみ 幻獣美術館―江本創の不思議な世界 7月31日(日)~9月25日(日)
【企画展】
 横尾忠則展 絵人百九面相 7月17日(日)~9月25日(日)
【ワークショップ】
 美術館★バックヤードツアー 8月14日(日)
 夏休みこうさく教室 8月下旬
【ホールイベント】
 夏の定期上演会 8月13日(土)、14日(日)
【高知パフォーミング・アーツ・フェスティバル2011】
 カンパニー・デラシアラ ミニ講演 8月21日(日)

宇佐ホエールウォッチング

http://usaww.jp/pc/
page-0004
宇佐港から真っ青な大海原へ、クジラとイルカを探す、アドベンチャークルーズ!

料金:
大人6,000円、3歳以上~小学生まで3,000円(3歳未満及び妊娠中の方の乗船不可)
出航時間:午前8時、午前10時、午後12時30分(9月は午後欠航)
所要時間:5時間程度
実施期間:4月20日~9月30日
受付と乗船場所:宇佐しおかぜ公園
お問い合わせ・お申し込み:宇佐ホエールウォッチング協会(宇佐しおかぜ公園内)
 高知県土佐市宇佐町橋田浜2752-7
 088-856-1133


その他観光ガイド

高知県民責任編集ガイド「こうちじん」

page-0006 page-0005
地元民が教えたい、本当の高知をまとめた観光ガイド

るるぶFREE高知

page-0007
お得なクーポン盛りだくさん!観光もビジネスもコレ1冊ですべてOK!

高知市立龍馬の生まれたまち記念館

http://ryoma-hometown.com/
page-0003
龍馬の人間形成の基盤となる家族やまちを紹介し、さまざまな困難を乗り越え、
近代国家へ尽力した龍馬を顕彰するため、2004年3月誕生地・上町に開館


関連記事

add to hatena hatena.comment (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 0

平成23年11月13日 ―― 桂浜に新しい龍馬像が誕生します。
握手ができる龍馬“シェイクハンド龍馬像”。最初に握手するのは誰でしょうか・・・。
龍馬への熱い思いを手紙に書いてください。


高知県立坂本龍馬記念館で、こんな募集が始まります!

龍馬と最初に“シェイクハンド”できる大チャンス!!
全国の小・中学生のみなさん、奮ってご応募を!!!



“シェイクハンド龍馬像”についておさらい

今年での開館20周年を迎える、高知県立坂本龍馬記念館。
その新しいシンボルとして制作が進められているのが
“シェイクハンド龍馬像”
昨年放送された「龍馬伝」で印象的だった
龍馬の“シェイクハンド”が現実のものになろうとしています。


「日本をもっとよくしたい」という同じ方向を向いているのに、
みんなの気持ちがバラバラだった幕末。

「復興」という同じ方向を向いているはずなのに、
やっぱりバラバラな現代。

バラバラな藩と藩を、人と人を、そして日本を結びつけた龍馬の“シェイクハンド”
それが今年完成するのは、偶然ではないはずです。

龍馬からの激励を、これからを担う子どもたちへ。

我こそは!と思う全国の小・中学生からの熱い想いをお待ちしています!!



募集要項

筆まめだった龍馬さんにならい、シェイクハンド龍馬像に宛てた手紙を募集します。
入賞者には、11月13日の除幕式において、最初にシェイクハンド龍馬像と握手をしていただきます。
ryoma

■ テーマ   「シェイクハンド龍馬像に思うこと」
■ 字数    制限はありません。用紙も自由です。
■ 募集対象  全国の小学生・中学生
■ 募集期間  平成23年7月15日(金)~8月31日(水)
■ 表彰式   平成23年11月13日(土)シェイクハンド龍馬像除幕式において
■ 賞(副賞) 最優秀龍馬賞 1名 / りょうま賞 10名
■ 作品展示  11月14日以降、受賞作品を含めた応募作品を館内展示

■ 注意事項
●応募作品の返却はいたしません。龍馬記念館に取りに来ていただける方には返却します。
●受賞者への除幕式参加のための交通費は各自負担となります。

■ 作品送付先
高知県立坂本龍馬記念館
〒781-0262 高知県高知市浦戸城山830番
●作品に氏名・学年・住所・連絡先を記入したものを同封の上、お送りください。

■ 問い合わせ
TEL(088)841-0001
http://www.ryoma-kinenkan.jp
【主催】高知県立坂本龍馬記念館

関連記事

add to hatena hatena.comment (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 0

※参照:高知新聞
高知市浦戸の県立坂本龍馬記念館が新しいシンボルにと制作を進めている龍馬像「シェイクハンド龍馬」の原型(等身大)が2日、発表された。「龍馬らしく、存在感のある像に」と、視線など細部まで工夫。ブロンズ像に加工後、11月13日の開館20周年記念式典でお披露目される。

ryoma


いよいよ、「シェイクハンド龍馬」の等身大の原型が完成したもよう。
龍馬と握手できる日は近いようです!



龍馬の手のひらの大きさは?

像のお披露目まで、あと5ヶ月…
その間、わくわくして落ち着かないという人もいるのでは?

それなら、握手前の心得として龍馬の大きさを知っておくのはどうでしょう?
大男だったという話は有名ですが、じゃあどのくらいの身長だったのか、知ってますか?


残念ながら記録は残っていないので、肖像画などで人物とともに描かれている着衣や所持品をヒントに解剖学的な推定のもと計算されたものですが、

身長=173cm

とのこと。
江戸時代の男性の平均身長は160cm程度なので、確かに大きい。

ちなみに、

体重=約80kg


肖像画じゃ重さはわからないような・・・どうやって計算されているんだろう。
研究者ってすごい。


他にも、坂本龍馬記念館のサイトには
紋服の寸法なども紹介されていますので、興味のある方はご覧ください。
http://www.ryoma-kinenkan.jp/study/qa/ryoma/post-36.php


でも、さすがに手のひらの大きさは載っていません。
だから、ぜひ会いに行きましょう。
11月13日のお披露目後、坂本龍馬記念館へ「シェイクハンド龍馬」に会いに。



・・・式典が終われば、その日から一般客も握手できるのかな?
わかったら、またお知らせしますね。

関連記事

add to hatena hatena.comment (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 0

昨年は、嘘みたいなタイミングで龍馬関連の資料がどんどん発見されました。
それからだいぶ遅れて見つかった、今回の後藤象二郎の写真。
でも、このタイミング、偶然とは思えない。
そう思うのは私だけでしょうか?


後藤象二郎のこと

そもそも『後藤象二郎』のこと、皆どのくらい知ってるんだろう?
龍馬ファンには馴染み深い人物なのかもしれないけど、昨年の龍馬ブームで初めて知った!という人も少なくないのでは?実は、私もその一人(笑)

そんな後藤象二郎のこと、簡単にまとめてみました。


※参照:Wikipedia
天保9年3月19日(1838年4月13日) - 明治30年(1897年)8月4日)
幕末の武士(土佐藩士)、明治時代の政治家。
義理の叔父・吉田東洋の少林塾に学び、幡多郡奉行などで活躍するが、吉田暗殺により一時失脚。
藩政復帰後は、前藩主山内容堂の信頼を得て大監察や参政に就き土佐勤王党を弾圧。
慶応3年(1867年)、政治姿勢を攘夷論に転換。
坂本龍馬と会談し、龍馬の提案とされる船中八策に基づいて
将軍・徳川慶喜に対する大政奉還論を提議。
大政奉還への努力を続け、10月3日に容堂とともに連署して大政奉還建白書を提出。これを受けて10月14日に慶喜が大政奉還を行う。
明治時代に入ってからも新政府で要職に就くが、明治6年(1873年)、征韓論争に敗れて下野。
その後は愛国公党結成や自由党の結成参加に尽力したほか、実業界への転身を図るが、これは経営破綻となる。
明治20年(1887年)伯爵となり、逓信大臣や農商務大臣などを歴任。
明治27年(1894年)に大臣職を辞任し、明治30年(1897年)逝去。享年60。


goto1 goto2

今回見つかった写真は、明治時代に入ってから実業界への転身を図った
30~40歳代の頃のもの。
脇差しを腰に帯びた紋付きはかまの立ち姿(和装)と、洋装の横顔の2枚があり、
高知県南国市の県立歴史民俗資料館の野本亮学芸員によると
「洋装の写真を見ると、武士の時代に区切りをつけ、新時代を歩もうとする気概がみてとれる」

時代が大きく変わった、その時の写真といえる。


「つなぎ」役の重要性

龍馬との「シェイクハンド」はなかったにせよ、
「船中八策」を「大政奉還建白書」へ。
脱藩浪士・坂本龍馬を前土佐藩主・山内容堂へ。
さらには将軍・徳川慶喜へ。
つなげたのは、後藤象二郎といえます。


そんな後藤象二郎の写真が、
震災によってこれまでの生活が大きく変わった今、見つかった。
これは、単なる偶然でしょうか?

龍馬は、常識にとらわれない柔軟性と行動力、そして人望をもっていたけど、それだけじゃ大政奉還はできなかったかもしれない。
脱藩浪士として、要注意人物として、薩長や幕府、土佐藩からさえ追われる身だった龍馬にはアイデアがあっても国を動かすだけの力はなかったと思う。

そんな龍馬のアイデアを土佐藩一の実力者・山内容堂に訴え、
将軍・徳川慶喜への大政奉還建白書提出までこぎつけたのは、後藤象二郎。
この「つなぎ」役がいたからこそ、大政奉還ができたのではないでしょうか。



今、皆が自分にできることを行動にうつしています。
それぞれが復興策を考えています。
じゃあ次は、その行動やアイデアを国全体の対策となるよう「つなぐ」ことが重要ではないでしょうか。


国を動かせる人への「つなぎ」役。
それも重要だよって、言いに出てきたような気がしませんか?




関連記事

add to hatena hatena.comment (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 0

今日の龍馬

これまでの龍馬街道

-月別アーカイブ

-最近のコメント

龍馬街道のTwitter始めました。 龍馬検定、合格への道!